機能不全を起こした外科的生体弁に対するTAVI

大動脈弁に対して弁置換術を施行した後に長期間が経過すると弁の劣化により機能不全(狭窄症、閉鎖不全症)が起こりえます。

その際に再度の手術施行はハイリスクですので、カテーテル治療が推奨れます。そこで日本においても本年より機能不全外科的生体弁に対するTAVI治療が施行可能となりました。

施行可能施設は限られていますが、大阪市大病院では施行可能です。

もしお困りの患者様がおられましたら是非ご紹介ください!

前のページへ戻る